スポンサーリンク

新型コロナワクチン接種に待った!!新型コロナワクチンの有効性の真実(前編)

COVID19
スポンサーリンク
コロナパンデミックを収束させるため、世界中でワクチン接種が行われています。
政府はすでに米ファイザー社(6000万人分)、米モデルナ社(2500万人分)、英アストラゼネカ社(6000万人分)の3社と正式に契約を結んでいます。
日本では、国が定めた優先順位に基づき、医療従事者、高齢者、持病のある人の順に接種を進める方針です。
2月17日から医療従事者を対象として新型コロナワクチンの接種が始まりました。ワクチンって本当に安全性や有効性は担保されているのか?リスクはどのくらいあるのか?
新型コロナワクチンについて検証していきます。

考察した最後に紹介していた動画ですが、冒頭にも貼りつけました。

動画を見てご自身で冷静に判断してください。(アドレスをクリックしてください)

★世界医師連盟に属する33名の医師の訴え
https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

★日本国内の議会や国会でのコロナに関する動画
https://www.bitchute.com/video/3lyrgnBA0NuW/

★東京都日野市市議会議員 池田利恵氏 のワクチンに関する動画
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=cb1V_ojIRTM&feature=youtu.be

★キャリー・マディ医師の動画
http://dream-hs.jp/matters/carrymuddy.mp4

高橋医師の説明動画
http://dream-hs.jp/matters/takahashi01.mp4

★テレビが絶対に放送しないコロナワクチンの概略と問題点について

テレビが絶対に放送しないコロナワクチンの概略と問題点について

Contents

スポンサーリンク

新型コロナの恐怖心を掻き立てるマスコミ

捏造報道その1
フジテレビ系情報番組『バイキング』は、2020年の5月19日の放送。「間もなく緊急事態宣言が解除されるのではないか?」という状況下、東京原宿の竹下通りの人込みの映像を映し「緊急事態宣言・自粛要請を守らず、こんな人混みならば緊急事態宣言は解除できない」と述べていた。

映像は5月17日のものでなく、3月のものであることが明らかになった。「捏造報道」とネットで炎上しフジテレビのアナウンサーが謝罪。実際の原宿はガラガラだった。

捏造報道その2
テレビ朝日の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』
2020年5月20日の放送で、前日の19日に、千葉市JR蘇我駅に、大勢の鉄道ファンが集まったと報道し「このままでは緊急事態宣言を解除できない」という論調で報道。実際はかなり前の映像を流してしていた。

マスコミ報道はコロナの恐怖を煽り、パンデミックを演出しているように感じます。

新型コロナを診断するPCR検査は信用できるのか?

PCR検査の開発者:キャリー・マルス博士が警告

PCR検査は遺伝子の存在を確かめるだけの検査で、感染の診断に使ってはならないと、PCR検査を開発し、ノーベル賞を受賞したキャリー・マリス博士が発言している。

『米国疾病予防センター(CDC)』のホームページより

「PCR検査」について、「PCR検査で検出されたウイルスの遺伝子は、感染性のウイルスの存在を示しているとは限らず、新型コロナウイルスが臨床症状(肺炎など)の原因とは限らない」と書かれている。

つまり「PCR検査陽性=新型コロナウイルス感染とは言えない。と説明文の中で明確に述べています。

しかも「PCR検査」のキットが、新型コロナ以外の他の様々なウイルスでも、( インフルエンザウィルスA 型・ インフルエンザウィルスB 型・RS ウィルスB 型)・ アデノウイルスタイプ3 タイプ7 ・ パラインフルエンザウィルス2 ・ マイコプラズマ肺炎・ 肺炎クラミジアなども「陽性反応」になることまで明確に記載されています

一般社団法人『疫学会』のホームページより

「Q1:新型コロナウイルス検査は、どのくらい正確なのですか?に対していう質問に対して
「実際の感染者に対してPCR検査がどれほど正しく診断できているかについての正確性の計算がまだできていません」と明確に書かれている。

👇一般社団法人『疫学会』のコメント掲載のページ

タンザニアではパパイヤ、うずらの卵、山羊からもコロナ陽性反応が!!

タンザニアのジョン・マグフリ大統領は、2020年5月3日、国立研究所に「ヒトの検体である」として動物や果物、自動車燃料を検体として持ち込み、PCR検査をしたところ、パパイア、ウズラの卵、ヤギからも、コロナの陽性反応が出たそうです。これを受けて5月4日、タンザニア政府は国立研究所の所長と幹部を停職処分にしています。

新型コロナウィルスは人為的に作られた?武漢ウィルス研究所の資金援助について

ノーベル賞受賞 リュック・モンタニエ氏と数学者のジャン・クロード・ペレズ氏のコメント

2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞したフランス人教授、リュック・モンタニエ氏はコロナウイルスは中国の研究所で人為的につくられ事故で流出したと発言。
(参考:https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20200422-00174202/)

数学者 ジャン・クロード・ペレズ氏によれば、「新型コロナウイルスは時計職人が行うような精密なもので、自然に存在することはあり得ない」と述べている。

 

アメリカ国立アレルギー・感染症(CDC)研究所所長、アンソニー・ファウチ博士はパンデミックを予言

2年前、「トランプ政権の間にパンデミックが必ず起きる」と予言。

この人物は、1984年から『アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(CDC)』の所長を務め、6代に渡ってアメリカ大統領に感染症に関する助言を行ってきた人物。

この人物が危険な生物兵器の研究を、中国に託しており、『武漢ウイルス研究所』に対して、コロナウイルスの研究費として資金援助をしていた。オバマ政権では5年間で約4億円の援助を行っていました。

ちなみにフランスも、『武漢ウイルス研究所』に資金援助しており、武漢のウイルス研究所では、コウモリを使ってコロナウイルスに関する研究を行っていた事実がある。

発生源といわれているコウモリは武漢の市場では売られていなかったことも分かっています。
コロナウィルスは武漢研究所で人為的に作られ、パンデミックは計画されていたって事でしょうか?

マイクロソフト創業者ビルゲイツもパンデミックを予言

ビルゲイツが2010年「TED」という番組の中で語っていた内容
何よりも人口が先だ。現在、世界の人口は68億人である。これから90億まで増えようとしている。
そんな今、我々が新しいワクチン、医療、生殖に関する衛生サービスに真剣に取り組めば、(人類の人口を)
およそ10~15%は減らすことができるだろう。

2015年「TED」という番組に出演した時の言葉
もし次のアウトブレイクが来たら?私たちの準備はまだ出来ていない。1000万人以上の人が亡くなるような災害があるとすれば、それは核戦争ではなくウイルスである。

2020年5月の発言
「誰がワクチンを接種したのかを示す、何らかのデジタル証明書を手にすることになる」


ビルゲイツはWHOに出資し、自ら財団を立ち上げ、後進国に対し、ワクチン接種を推進してきた。

インドではポリオワクチンの副作用で50万人の子供たちの体が麻痺。ポリオが問題になっていなかった国でワクチンが原因でポリオに感染。別のワクチンでは骨髄炎で500人が身体麻痺。ケニア人女性に破傷風のワクチンを投与し数百万人の女性が不妊症。インド人女性は1200人が不妊症になり7人が死亡。等、多くの罪のない人に強制的にワクチンを接種させている実態がある。

癌治療から見る医学の闇

癌も治癒させたくない?

1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したオットー・ワールブルグ博士は「癌細胞はブドウ糖をエネルギー源とする」事を解明し、1923年に論文で発表。すでに証明されている科学的事実である。という内容に基づき、ドイツのDr.レオナード・コールドウェルという医師は、「90%以上の癌は数週間のうちに完治し、手術も放射線治療も化学療法も必要ない」と豪語している。

(参考:https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2018.900715/data/index.html)

が….現代の日本の癌治療では、摘出手術、抗癌剤、放射線治療、これらの「癌三大治療」によって治療をし、癌のエサであるブドウ糖を点滴。ブドウ糖を点滴することで、癌細胞が元気になり、転移し、癌が進行し亡くなられています。

1970年に「ビタミンCが癌細胞を殺す」ノーベル賞を2度も受賞されたライナス・ポーリング博士によって発見された驚くべき癌の治療法は高濃度ビタミンCを点滴することで、癌は数カ月のうちに消えていく。というもの。

が….アメリカで最も権威ある総合病院『メイヨークリニック』の研究者は、一流の科学雑誌に「ビタミンC癌治療は効果がない」と発表。そのため、「ビタミンCによる癌治療」は否定されている。
(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0)

1985年、『アメリカ国立ガン研究所(NCI)』のデヴィタ所長は、米議会において、「分子生物学的に見ても抗ガン剤でガンは治せない」と言ったとの証言もあります。

 

抗がん剤治療と医療費

抗癌剤治療は、製薬会社の利権を拡大させ、そして多くの癌患者が犠牲になっている。

世界初の抗癌剤は毒ガスを使って、細胞の分裂を抑えるという治療法で「マスタードガス」といわれ、ドイツで開発された毒ガスから作られたものだった。

その後の抗癌剤も、基本的には「細胞分裂を抑える」という人体に攻撃を行う強い毒物となっている。

『国立がん研究センター』を設立し日本医師会の会長も務めた、故、武見太郎医師は「15万人の医師が露頭に迷うから癌は直してはいけない」と述べたとされている。この発言の真偽はわかりませんが日本の医療費は約44兆円、日本人一人当たり約34万円。癌利権だけでも約15兆円といわれています。

ワクチンも抗がん剤も製薬会社、関わる企業、資本家の利権構造が見えてきます。新型コロナワクチンだけでなく、医療全般をもっと検証していく必要性も感じます。
ちなみに、日本で癌で亡くなる人は、年間に約40万人、一日に約千人。といわれています。

👇『現代医療による殺人』〜現代医療は薬を売るために乗っ取られた〜 (bitchute.com)

高濃度ビタミンC点滴と糖を断つと癌が消える本の紹介

新型コロナワクチンの「有害事象報告」

1月29日段階でのCDC(アメリカの厚労相に当たる)の公式発表

全米でコロナワクチンを接種した延べ約3500万人のうち
死亡501件、その他の障害10,748件 コロナワクチン接種後の死亡のうち53%が男性、43%が女性、4%が性別不明。

死亡者の平均年齢は77歳、最も若い死亡者は23歳。ファイザーのワクチン接種者が59%、モデルナ社の方は41%。アナフィラキシー反応の報告690件のうち、ファイザーが76%、モデルナが24%。さらに139件の顔面麻痺(ベル麻痺Bell’s palsy)と、13件の流産が報告されている。

率にすればごくわずかということになります
問題は、CDCが求めているのはワクチン接種後「特定の時間内に」起きた有害事象だけで、規定の時間後に起きたものはカウントされない。したがってこのシステムで報告される有害事象は1%以下と見積もられ、被害者の把握システムとしては失敗であり、是正を求めている。
とあります

実際は、重篤なものも含めて何らかの「有害事象」を被った人は、100万人を超えており、死者はすでに5万人を超えている計算となる。

👇ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログより

2月12日段階での発表数

米国での2月12日までのワクチン接種後の死亡は929件、有害事象15923件

👇コロナ関連接種後の数値をアップされている鉄人集団さんのブログ

新型コロナワクチン接種後に副作用などで死亡した場合、
一時金で遺族に4420万円支給って本当?     

田村憲久厚生労働相は2月19日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後に副作用などで死亡した場合、一時金で遺族に4420万円を支払うと説明した。

他の予防接種でも死亡時に一時金を支払う制度があり、コロナのワクチン接種にも適用する。医療機関の過失の有無にかかわらず支払う。(日本経済新聞抜粋)

死亡時の一時金は、医療機関の過失の有無にかかわらず支払われる。葬祭料として20万9千円も給付される。

最も重く、日常生活全般で介護が必要になる1級の障害が生じた場合、年額で505万6800円を支給する。(西日本新聞)

(参考:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/)

騙されないで!! 過去新型インフルエンザのワクチン接種後の死亡で申請されて認められた件数は、平成21年~22年、133名中 認定者は4例のみ(3%)遺伝、特異体質などと診断され、ほぼ認められていないという事実があります。

👇厚生労働省予防接種健康被害救済制度HP
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/

新型コロナワクチンの危険性を訴える大勢の医師を紹介

医師、専門家がコロナ騒動やワクチンの危険性について語っています

新型コロナワクチンの安全性には何の保証も得られていないし、有効性にも確証が得られないままに、
巨大な人体実験が行なわれていると多くの専門家が訴えている。コロナパンデミックそのものが偽であって、存在しないと主張しています。

日本でも大阪の専門家会議や地方の議会、国会で取り上げられている議論に関しても、全く報道されません。
おかしな事が起きています。ワクチンの危険性をアップした動画は消去されていっています。一体何が行われようとしているのか?
下記に紹介する動画を見てご自身で冷静に判断してください。

★世界医師連盟に属する33名の医師の訴え
https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

★日本国内の議会や国会でのコロナに関する動画
https://www.bitchute.com/video/3lyrgnBA0NuW/

★東京都日野市市議会議員 池田利恵氏 のワクチンに関する動画
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=cb1V_ojIRTM&feature=youtu.be

★キャリー・マディ医師の動画
http://dream-hs.jp/matters/carrymuddy.mp4

高橋医師の説明動画
http://dream-hs.jp/matters/takahashi01.mp4

★テレビが絶対に放送しないコロナワクチンの概略と問題点について

テレビが絶対に放送しないコロナワクチンの概略と問題点について

厚生労働省HPの遺伝子組み換え新型コロナワクチンについてのQ&Aには疑問や誤りが

Q7-1 新しい仕組みのワクチンということですが、どこが既存のワクチンと違うのですか。特に、ワクチンの遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子供への影響を懸念しています。

という質問に対して厚労省の返答の要約

mRNAは、数分から数日といった時間の経過とともに分解される。mRNAは、人の遺伝情報(DNA)に組みこまれない。
情報の流れは一方通行で、逆にmRNAからはDNAはつくられないmRNAを注射することで、その情報が長期に残ったり、精子や卵子の遺伝情報に取り込まれることはないと考えられる。

薬事承認に当たっては、動物試験や臨床試験の結果に基づいて安全性を評価し、審査を行っていきます。

 

これに対し、髙橋医師は新型コロナウィルスのRNAは逆転写によって人間の遺伝子にとりこまれる。という論文が2020年12月12日に出ている。
その論文を示して、厚生労働省の回答への疑問とウィルスへの問題点を指摘している。

人間の遺伝子組み換えであり、遺伝物質が生殖細胞に移行すれば、人間の遺伝子改造につながる。
臨床試験の観察期間はせいぜい十数日の間に重篤な副作用がなかったことを検証するに過ぎない。

数か月後、数年後の体の異変については全く研究されないまま投与されることになる。と動画の中で話されています。

大橋教授は、遺伝子の代謝経路が不明。遺伝子が長期間、体内に残留したら何が起こるか?やってみないとわからない。自然にない物を人間の体の中に入れ込むことは、自然の摂理を超えている。

こんな危険なアクチンを使わなければならないほど、コロナウィルスは有害なのか?と発言している大橋教授の動画は削除されています。

動物試験や臨床試験の結果に基づいて安全性を評価し、審査を行っていきます。と、厚生労働省の回答文ですが、おこなっていきます。とは、おこなわれていない事を意味します。人体実験の結果で審査していきます。と書けないので、曖昧な表現がなされています。


👇高橋医師の説明動画

http://dream-hs.jp/matters/takahashi01.mp4

👇厚生労働省 新型コロナワクチンについてのQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00222.html#010

新型コロナワクチン検証のまとめ

今回はコロナウィルスワクチンについて調べましたが、ワクチンの闇はコロナウィルスワクチンだけに限らず、危険性は全てのワクチンに共通しています。

1983年生まれの人は、18歳までに24種類のワクチンを接種しますが、2016年生まれの人になると、
生後6ヶ月までに、24種類ものワクチンを接種となっています。

生後2ヶ月の検診で、8種類(B 型肝炎, ロタ,DTP( 3種混合) 、ヒブ、ポリオ、肺炎球菌) しかもワクチンの同時接種の安全性は、まだ検証されていないそうです。

前トランプ大統領も、「健康な子どもが医者を訪れ、沢山のワクチンを大量に打たれ、体調を崩す。自閉症だ。なんと多くの症例がある事か!」
とツイッターでつぶやいていました。

ロバートケネディJr.は「ワクチン接種はホロコースト(大虐殺)と同じ」と言っています。

オバマ元大統領が推し進めていた「オバマケア」の『HR4872法案』には「チップ埋め込み」という文言が記載されています。

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは、「脳から考えをダイレクトに出力するシステム」の開発に取り組んでいます。

日本では国民の目がコロナに集中している4月、5月に、「スーパーシティ法案」が衆参両議院でスピード可決されました。「スーパーシティ」とは、AI (人工知能)とビッグデータを活用して、自動運転、キャッシュレス、オンライン医療、オンライン教育などを実現させた「未来都市」のことです。いわゆる超監視社会です
この法律
は、令和2年6月3日に公布され、今年の9月3日までにに「スーパーシティ構想」が施行されます。

世界の動きを見ていると、実体のないコロナウィルスでコロナパンデミックを起こし、解決策としてワクチン接種を強制的に推し進め、その先には人類のAI化が秘密裏に進められているとも読めます。この先どのようになっていくのかはわかりませんが、闇の黒い勢力が一掃され、光の時代がくると願っています。

自分の身はまず自分で守ろう!!大切な人を守る為の行動をしてほしいと心より願っています。
真実を報道しないマスコミ、TVのニュースに惑わされないでください。信用できる情報を発信されている方もたくさんいます。今世界中で何が起こっているのか?何が行われようとしているのか?
自分自身で調べ、考えていく必要がありますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました♪

最後に、リマ・リボー博士が語る「グローバリストの世界人口削減アジェンダ」という動画です
このコロナパンデミックが起こされた本当の理由がわかります。

👇リマ・リボー博士が語る「グローバリストの世界人口削減アジェンダ」 (bitchute.com)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました