スポンサーリンク

コロナワクチンは生物兵器!!ワクチン接種した人から接種していない人に感染の報告!!

COVID19
スポンサーリンク
コロナワクチン接種を受けた人が接種していない周囲の人に及ぼす影響について警告する多くのニュースが発表され、実際に血栓、脳卒中、心臓発作、肺塞栓症、不妊等の多くの報告がされています。
ワクチンを摂取した人と接触した場合、摂取していなくても感染し、ワクチン接種した人が「スーパースプレッダー」になり病気を広めワクチン株が病原性ウイルスのように集団内を循環するというニュースについてのソースを紹介します。
スポンサーリンク

微生物学者が警告!【世界人口を減らすためのコロナワクチン】インドとブラジルでは人口減少がすでに起こっている

ナチュラルニュース 2021年4月29日木曜日:ディビナ・ラミレス

ドイツの微生物学者スチャリート・バクディ(世界的に有名な微生物学者)は、コロナウイルスワクチンが細胞レベルで身体にどのような影響を与えるかを説明。

●武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンが世界の人口の減少に寄与していると警告。
●これらのワクチンは世界的な大惨事を引き起こし、人間の人口を欺くように設定されていると警告。
ワクチン接種後も感染を予防することは事実上不可能。
●ワクチンメーカーは、既存の条件を持つ高齢者にワクチンの有効性に関する十分なデータを持っていないと主張。
新しいCOVID-19ワクチンが有効であるという主張は嘘である。
ワクチン接種の副作用としての血栓は潜在的に致命的であるため、軽く服用すべきではない。
若い成人は強い免疫システムを持っている為ワクチンを接種した場合、ウィルスが体内に入ると、ワクチンにより免疫細胞を興奮させる為、接種を受けていない場合より重篤な症状が現れる可能性がある。
●ワクチン接種は全人口の減少に至る為、自分自身と次の世代を守るためには、ワクチンを拒否しなければならない。

引用元https://www.naturalnews.com/2021-04-29-expert-warns-against-covid-hysteria.html

予防接種を受けた人々が健康な人々を病気にしている理由。ファイザー文書はワクチン接種された人々が感染性粒子を「流す」ことを認めた。スパイクタンパク質は生物兵器です。

ナチュラルニュース 月曜日, 5月 03, 2021:マイク・アダムス

ワクチンは生物兵器です。具体的には、スパイクタンパク質は生物活性兵器であり、人から人へ広がるように設計されており、予防接種を受けていない人に感染し、それはワクチン接種から伝染する。

ビル・ゲイツは長い間、インフォームド・コンセントなしに予防接種を受けさせる事を可能とする為、蚊を使ってワクチンを運びたいと思っていた。彼らが担い(従順な人間がその役割を担う)その役割を果たす準備ができている為、蚊を必要としないことが判明。

mRNAワクチンを注射された人々は、体を生物兵器工場に変え、口や皮膚(精液)を通して流したスパイクタンパク質粒子をかき回し、周囲の全員に感染させている。スパイクタンパク質は生物学的に活性であり、血栓を引き起こし、脳卒中、心臓発作、肺塞栓症および不妊につながる。ファイザー自身の文書は、この現象がワクチン開発者によってよく知られていることを明らかにしている。

ワクチン接種を拒否する人々にスパイクタンパクの生物兵器を広めるためのものである。科学者たちは、病気のように広がるワクチン開発に取り組んでいた。ワクチンを接種した人の近くにいる、ワクチンを接種していない人が経験している奇妙な血液凝固現象の説明がつく。

引用元https://www.naturalnews.com/2021-05-03-extermination-machine-unmasked-vaccinated-people-are-making-healthy-people-sick.html

ジョンズ・ホプキンス大学は、「自己拡散」ワクチンが本物であることを確認。

ナチュラルニュース 金曜日, 5月 07, 2021:イーサン・ハフ

ジョンズ・ホプキンス大学(JHU)の論文
あなたもそれを知らずに「予防接種」されている可能性があります

コロナワクチンには、伝染性疾患と同じように集団を移動するように遺伝子操作されている為「自己拡散ワクチン」(伝染性ワクチンまたは自己伝播ワクチンとも呼ばれる)ワクチンを摂取したばかりの人と接触した場合、摂取していなくても感染し、ワクチン接種した人が「スーパースプレッダー」になり病気を広める。少数の個体にワクチンが接種されると、ワクチン株が病原性ウイルスのように集団内を循環するというもの。これらのワクチンは、個人に接種することなく、劇的に増加させる可能性がある。
科学者たちは昨年の夏、自己拡散ワクチンの作り方を企画していて、優生学者が注射の自己伝播特性を最大化する方法を見つけようとしていると報告していた。「少なくとも20年間、科学者たちはこのような自己拡散ワクチンを研究してきた。

いったん解放されると、ウイルスを制御できなくなる。ウィルスが突然変異する可能性があり国境を越えると、予期せぬ結果と意図しない結果が生じる恐れがある。

自己拡散ワクチンは「害虫駆除」のために発明された。
今回のワクチンは害虫を制御する方法を開発したいという科学者の間での欲求から生まれた。
この形態の「免疫避妊」は、注射されたマウスの免疫系を乗っ取り、子孫の受精を防いだ。現在この自己拡散ワクチンを使うことで、注射を受けた後に避妊や流産の問題に苦しむ男性と女性に起こっていることが不気味に似ている。

自己拡散ワクチンはまだ人間に「テスト」されていない。メディアがこのことが存在すると報道する頃には、すでにかなり長い間使用された後になる可能性があり、これこそが自己拡散ワクチン接種の計画です。

問題は、科学者が人体実験ををして人類を危険に陥れることをしている事。自己拡散ワクチンのコロナパンデミックは、人類の大部分を絶滅させるジェノサイドだという事であり、ビル・ゲイツは今回の大量虐殺目的の為にワクチンと医療への介入をしてきたと、ヴィンス・モレーノが書いている。
これは明確に文明の危機に直面しているといえる。

引用元 https://www.naturalnews.com/2021-05-07-johns-hopkins-confirms-self-spreading-vaccines-real.html

実験的なmRNAワクチンはバイオ兵器として機能し、予防接種を受けていない人にコロナウイルススパイクタンパク質を伝えることができますか?

ナチュラルニュース 2021年5月6日木曜日:ランス D ジョンソン

ファイザーは、新しいmRNAコロナウイルスワクチンの動物試験をスキップした後、ヒト被験者の実験に様々な用量のmRNAを使用し始めた。
外来ワクチンmRNAは、ヒト細胞における天然タンパク質合成を停止し、体内で必要とされるタンパク質に対して
通常構築されるアミノ酸配列を産生する細胞を遮断する。

ファイザー文書は、職業暴露から予防接種への潜在的な有害事象を警告する

ファイザー自身の研究設計文書によると、科学者たちは最近予防接種を受けた被験者への「職業暴露」を懸念していた。セクションの下に “8.3.5.3.「職業暴露」ファイザーは、最近予防接種を受けた人との密接な接触は、予防接種を受けた細胞で翻訳され合成されるスパイクタンパク質にさらされる可能性があると警告。臨床試験の間、ファイザーは、予防接種を受けた人と予防接種を受けていない人々の重度の有害事象を監視するよう研究者に指示した。「職業暴露」には何が必要ですか? mRNAワクチンは生きたウイルスを流さないので、予防接種を受けていない人に正確に何が伝染しているのでしょうか?

「このような暴露が発生した場合、調査官は、関連する二次的な有害事象があるかどうかに関係なく、いつ起こったのかを知ってから24時間以内にファイザーの安全に報告する必要がある。しかし、ファイザーは、この情報は研究に関与する参加者には関係ないので、「研究から離れて保管できる」と述べた。
※「職業暴露」とはワクチン非接種者が感染した事を意味すると思われます。

引用元 https://www.naturalnews.com/2021-05-06-can-mrna-vaccines-transmit-coronavirus-spike-proteins.html

アメリカでのワクチン接種消極派は51%

AP通信とシカゴ大学が実施した当時の共同調査によると、米国の1056人を対象として調べたところ、ワクチンを接種する意向を示したのは49%にとどまっている。

米国の慈善団体で、主要医療保険グループのカイザーパーマネンテと源流を同じくする、カイザー家族財団は1月に米国1563人を対象に調査し、過半数がいまだに消極的という厳しい結果を報告した。
 具体的にはワクチン接種済みが6%、接種をできるだけ早く行うと回答したのが41%と合わせて47%は接種に前向きだったが、様子見が31%、必要となった時のみ接種が7%、接種しないが13%と、合計53%が消極的な意向を示したのである。

 12月に、消極的な層が66%を占めたのと比べると13%ポイントは改善しているが、ワクチンを受け入れる土壌が整うにはまだ遠いと思わせる結果だ。

引用元https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64068

アメリカで「ワクチン接種数」が“頭打ち”…? これは数ヵ月後の日本の姿かもしれない

最新の調査では、アメリカ国内の4人に1人が、ワクチン接種の対象になっても接種をするつもりはなく、さらに5%の人々は接種について未定と答えた。

ニューヨーク州では4月29日より、16歳以上の人々は予約をせずとも指定会場でワクチン接種ができるようになった、州政府も連邦政府もあの手この手で、人々に接種を呼びかけているがしかし、デモ抗議を見ても、一定数おり、「マスク拒否派」がワクチン接種をするようになるとは思えない。
ワクチンを打たない人が一定数いることで、前出の集団免疫獲得に必要な70%以上に届かない可能性。

世界規模で見ると、ブルームバーグの集計では172ヵ国で10億2000万回以上(1日あたり約1920万回)の接種がなされた。しかしこれは世界人口のわずか6.7%で、このペースだと世界的な免疫を獲得するのにあと何年もかかるだろうとしている。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/98e84c03838a0df8ef6272be501e1eb770a3f39e?page=3

まとめ

ファイザー社の文書はワクチンを受けた人が感染性の粒子を「排出」し、ワクチンを受けた人が健康な人を病気にしていることを認めています。
スパイクタンパクの生物兵器を広めるグローバリスト達は、ワクチン接種に同意しない人にもワクチン接種させて、感染させ、人類を絶滅させ、すべての国を終わらせ、何十億人もの人々を殺す事を目的に、地球規模での大量虐殺に乗り出しています。

懐疑的な人々を黙らせ、医師や科学者を検閲し、できるだけ多くの人々にワクチン注射を受けさせるために、必死になっています。本当に恐ろしい事が進められています。

日本では全ての国民に1日も早い接種を促すよう、政府の方針で自治体が動いています。メディアの報道も外国がいかに接種が進んでいるか。接種後はマスクなしでお店に行ったり、レジャーを楽しめるといった諸外国の映像が本当の事のように映して接種がいかに必要かという情報のみ扱っており、1日も早い接種を勧める報道をしています。
その裏側ではワクチンの副反応に苦しみ、死亡者が増えつつある事実を隠し、接種していない人が感染させられ、血栓、脳卒中、心臓発作、肺塞栓症、不妊等の多くの症状が報告されている事も隠蔽されています。

そして、アメリカにおいては接種を拒否している人が過半数に上っている事は報道しません。

ワクチンを接種しない選択をすることが人類を絶滅させない選択となります。この恐ろしい計画に乗らないようにし、様々な情報を自分自身で探して真実を知る事がとても大切です。

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

👇コロナワクチンに関する動画を集めました

新型コロナワクチン接種前に観るべき動画
新型コロナワクチンは安全ではありません。 接種すればあなたの命が危険に晒されます。 コロナワクチンの危険性を世界中の医師や専門家達は訴えています。 しかし、その声はメディアでは放送されません。 インターネット、SNSを通して危険性を...

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました